他のチェックポイント

誘惑が多いという独学のデメリットを解消するためには、予備校の講座を受けて、自分と同じ目標を持つ友人を作っておくのがおすすめの方法です。受験勉強を乗り切る上で、お互いに刺激し合いながら切磋琢磨することのできる友人の存在は重要なポイントとなります。

公務員試験の中でも、上級・中級・初級の試験には、それぞれ大卒・短大卒・高卒程度の能力が必要とされています。その内、地方公務員(初級)の試験に合格し、初級の公務員資格を取得すれば、地方行政を支える存在として職務に従事することができます。

窓口業務県庁にしても市役所にしても、それぞれの担当する窓口に待機し、訪問する地域住民に応対する職員も必要になります。こちらの窓口業務は、忙しいからといってないがしろにすることはできませんが、だからと言って、あまりにも時間が掛かり過ぎてもいけません。窓口業務のように、比較的定型的な作業は、初級の地方公務員資格保持者が担当することとなります。

地方行政の現場では、上級・中級の資格保持者が案件の企画・立案と交渉を担当し、実行は初級保持者に指示するという明確な構図があります。そのため、高卒程度の能力で初級の資格を取得し、就職を果たした後、いきなり難易度の高い仕事を課されることはあまりありません。

受験準備をする際は

すでに短大・専門学校を卒業している場合、選択肢を増やすために、地方公務員試験(上級)の受験も視野に入れた対策を講じるのがおすすめの方法です。こちらの方法を実践する場合、大学生や大卒者もライバルとなるので、独学で対応するのはかなり難しくなって来ます。そのような問題を解決するためには、やはり講座の利用が必須条件となるでしょう。また、大卒者も中級の試験を受けるので、その点を踏まえた上で、しっかりとした対策を講じておくことが大切です。

講座地方公務員試験の受験準備を進めるにあたって、予備校の講座を利用すれば、1年間ほどの期間で、中級の試験範囲を一通り学ぶことができるという大きなメリットがあります。また、最新の出題傾向などの情報もチェックして、受験の準備に役立てることができるのは、独学にはない大きなアドバンテージと言えます。

その一方で、通信講座を利用する場合、負担する費用を低く抑えて、マイペースで学習を進めることが可能になります。こちらは、自己管理が得意な人に適した学習方法と言えます。ただし、自由度が高い分だけ、誘惑も多く、自己管理ができていないと合格の可能性が低まってしまうというリスクも存在します。

短大卒などの場合

短大や専門学校を卒業した人が公務員試験への合格を目指すのであれば、中級の試験をターゲットにすると良いでしょう。ただし、最近では、大学への進学が一般的になり、大卒者だけで中級試験の合格者定員が満たせるようになってきたため、一部の地方自治体を除き、中級試験は、上級試験に統一されているのが実情です。

準備短大・専門学校で公務員試験(中級)をターゲットとした受験準備を進めるためには、受講することのできる講座が限定されているという問題があります。こちらの問題を解決するためには、通信教育の利用も検討すると良いでしょう。そのような場面では、学校生活の最長2年間という限られた時間を、いかにして有効活用することができるのかがポイントとなります。公務員試験対策の講座の選び方に工夫を凝らせば、短大・専門学校の講義を受けたり、アルバイトをしたりしながらでも受験準備を進めることができます。

短大や専門学校の生徒は、本格的な受験勉強をした経験がないケースが多いので、学校生活を送る中で、試験対策の準備に慣れてゆくことが大切です。短大・専門学校に通い始め、新生活がスタートした時には、せっかくだからと羽を伸ばしたいところですが、限られた時間の中で公務員試験の準備を進めるには、そうも言っていられないのが実情です。

公務員の資格取得

世の中には、短大・専門学校を卒業してから公務員試験を受けようとしている人も見受けられます。そのような場合には、中級試験への合格を目指すのがおすすめの方法です。ただし、大学進学が一般的になった昨今の状況の中では、一部の地方公共団体を除いて、中級試験が上級試験に統一されているというのが実情です。

受験準備中級試験の受験準備を進める場合、短大・専門学校では選択可能な講座が限られています。こちらの問題を解決するには、通信講座を利用するという選択肢もあります。学校生活は、最長2年間しかないので、限られた時間を有効活用して、受験準備を進められるかどうかがカギになります。学校の講義やアルバイトと公務員試験の受験準備を両立させるためには、講座の選び方に気を配ることが大切です。

短大生や専門学校生の場合、本格的な受験準備の経験がない場合が多いため、学生生活の中で、試験勉強に慣れることが大事になります。せっかく新生活が始まったのだからと気を緩めすぎると、公務員試験の合格率もそれだけ低くなってしまうので、注意する必要があります。また、すでに短大や専門学校を卒業している場合、選択の幅を広げるために、上級試験の準備も進めておくことをおすすめします。

当サイトでは、公務員の資格取得のための方法に関して、詳しくご説明してまいりましょう。この先、公務員になりたいと考えているものの、具体的な方法が分からないなどという方は、参考にしてみて下さい。