受験準備をする際は

すでに短大・専門学校を卒業している場合、選択肢を増やすために、地方公務員試験(上級)の受験も視野に入れた対策を講じるのがおすすめの方法です。こちらの方法を実践する場合、大学生や大卒者もライバルとなるので、独学で対応するのはかなり難しくなって来ます。そのような問題を解決するためには、やはり講座の利用が必須条件となるでしょう。また、大卒者も中級の試験を受けるので、その点を踏まえた上で、しっかりとした対策を講じておくことが大切です。

講座地方公務員試験の受験準備を進めるにあたって、予備校の講座を利用すれば、1年間ほどの期間で、中級の試験範囲を一通り学ぶことができるという大きなメリットがあります。また、最新の出題傾向などの情報もチェックして、受験の準備に役立てることができるのは、独学にはない大きなアドバンテージと言えます。

その一方で、通信講座を利用する場合、負担する費用を低く抑えて、マイペースで学習を進めることが可能になります。こちらは、自己管理が得意な人に適した学習方法と言えます。ただし、自由度が高い分だけ、誘惑も多く、自己管理ができていないと合格の可能性が低まってしまうというリスクも存在します。